VIP-STYLE
バツイチあやぽんの恋愛奮闘記& のほほん育児日記の他 カテゴリ満載のブログ♪ プクク(* ̄m ̄)



Top | RSS | Admin

スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






ありがとう。 | いろいろな思い
先程、シークレットでのコメントを頂いたのを発見したのでその方プラス、
皆さんへ当てる意味も込めてエントリーさせてもらいますね。

まず、ここ数日のブログにも書かせてもらってたんだけど、辛い日々の中でどう前向きに生きていこうと考えて悩んで泣いて、それで結論に至った結果が「自分の中で答えが出ていない」という事だったんですね。
あたしは、本当の願いはいつか必ず叶うと信じているの。
あたしの今の本当の願いと言うのが、彼とヨリを戻す事なのか彼を忘れて新しい恋に向かう事なのか、あたし自身でも分かっていないのね。
だからこそ、自分の中で本当に答えが出るまではそれを見つけるために頑張ってみようと思ったわけですね。

そうしないと絶対に後悔するから。

パズルみたいに、一つ一つピースを合わせていけばいつか必ず、自分の中で自分自身のパズルは完成すると思ったから。
それはヨリが戻る戻らないうんぬんではなくて、あたしの気持ちが晴れることを意味をするのね。

実際、今現在あたしはとても彼に会いたいけれど、かと言って今すぐヨリを戻したいのかと聞かれれば答えに戸惑うと思う。
それはね、あたしと彼が半年付き合ってきた結果で、きっとお互い分かっている事なのね。
でもあたしは別れた事実を受け止める事が出来た現在、イライラする必要性もなくなったし、逆に少し気が楽になった部分はある。
それもきっとお互い様だと思うのね。

彼の発言は当の本人であるあたしが聞いていても「何言ってんの?」と思った。
でも、自分の中で答えを見つけ出すまではその言葉を拒否する事は出来ないの。
「あんたナメてんの?」とはまだ言えないの。
自分自身が心の底から納得しないとスッキリしないものだから。

だから彼の気持ちがどうとかではなくて、自分の気持ちの答えを出したいのね。

別れた当初は、彼がいくら優しい言葉を言ってくれても「それでも手放すって事は”手放してもいい価値”しかないからでしょ。」って思ってたの。
けど今思えばそれは自分も一緒で、例え別れようと言われても本当に手放したくない相手なら泣いて「イヤだ」と言えたはずなんだよね。
例え言ってもムダだったとしてもね。
でもあたしは言わなかった。
結局、自分自身でももう疲れてきてたの。彼と付き合っていく事がしんどかったの。
彼も同じで、それで別れを二人で決めたわけなんだけど。

そして別れて少し落ち着いてきてから思った。
「付き合っていく事だけが全てではないんだな。」って。あたし達二人の場合はね。
付き合っていた頃に分かり合えなかった事が、別れてから理解できるようになった事もあるし。
別れてからじゃないと気付けなかったって事実はとても寂しいけど、あたし達は別れたからこそ近づく事が出来たの。

きっと誰もがそうだと思うけど、二人の事は二人の過去があるからこそ見えてくるものだと思った。
ブログでは全て書けない想いや葛藤や、本当は彼の涙もあったの。

でもね、はっきりと意見を伝えてくれた事、すごく嬉しく思ってます。
あたしの事を心配してくれた上での意見だとも思ってる。
嫌いになるとかそんな次元の低い人間ではないからね(*´∇`*)

きっとあたしが第三者としてこのブログを読んでても、コメントくださった方と同じ意見を述べると思う。
でもやっぱり自分で納得しないと、本当の心の解放は訪れないと今回の事で思えたから。

あたしはとっても冷静だよ。
やっと冷静になれるようになってきたの。
そして冷静だからこそ、今自分からは距離を置いてます。
でも好きな気持ちは消えないから、自分の中で答えが出るまではゆっくり進んでいこうと思ってるよ。

そうしてるうちに、二人がいい意味で向上できてまた一緒に歩き出せる日がくるかも知れないし。
もしかしたら「もーどーでもいいかもぉ♪」と思える日がくるかも知れないし。
その答えを見つけたいと思ってるの。自分の中の本当の答えを自分自身で見つけるために。

うまく気持ちを表現できなくてごめんなさい。
分かってもらえると嬉しいんだけど(〃∇〃)

本当にありがとうね。
もしまたこのブログを読む事があれば、今度はオープンでコメント書いてくれたら嬉しいんだけどな♪
スポンサーサイト
【2006/02/13 06:20】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






着信 | いろいろな思い
4日ぶりに彼から着信があった。
あたしからは連絡とらないようにしようって決めてたんだ。

すごくすごく仕事でイヤな事があった彼は、
誰かに聞いて欲しくて、ふと綾子が浮かんだ
と言ってた。

ふと私が浮かんだらしい。

とりあえずグチをアホ程聞いてみた。
あまりにもすごい彼の怒りっぷりに途中吹き出してしまった。
あ~いつもの彼だなぁと思ったらムショウに笑えてきた。

あたしは付き合ってる頃とあまり変わりない励ましっぷりだったけどね。
でもあの頃よりは素直にちゃんと言葉に出来たなぁ。
なんか、言葉を吐き出す前に考える数秒を必要とせずに発言できた事が我ながら進歩だと思った。

とにかくすげぇお怒りだった。(*∇)アハハ
でもなんかね、メラメラ怒ってる彼がなんつーか彼らしいなと思った。

でも本当の本当は昨日彼に電話しようと思ってたんだ。
バレンタインにどうしてもチョコを渡したかったから、その都合を聞きたくて。
でもやっぱ電話は出来なかった。
彼からの連絡を待つしか出来ない非力な弱虫人間だということを再認識。

今日の電話でも、言いたい事聞きたい事をなかなか切り出せなかったし。
好きすぎてこんなにも遠く感じるのなら、好きな気持ちを半減させて彼を近くに感じたいよ。

なんていろいろ思いながら彼に切り出してみた。

結果、14日に彼が仕事終わってから会う事になった♪
しかも「市販のチョコは義理チョコって事やろ?義理チョコならいらん」なんて言う。

別れた女に手作りの本命チョコもらってどうするんすか?

14日は彼は遅番なので終わってから会う事になったの。
10分程でいいからね。10分程を強調したら、

え?10分?10分だけ???

なんて言う。
客観的に見たら別れた女に期待させるような事言うんじゃねーよってトコロ。

でも今はそれをプラスに受け取るしかない。

本当は、ポストに入れておくからね。と言ったんだけどね。
そんな中学生の片想いじゃあるまいし。とか言うのよ。

あら、会ってくれるのね?ありがとう(*´∇`*) みたいなね。

とりあえず会える事になって良かった。
何よりも会える事が嬉しい。素直にそう思う。

無論10分で帰ってくる気は毛頭ないし。

さっ、明日チョコの材料でも買いにいこーっと。
【2006/02/12 05:18】   トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑






THE・青春 | テレビ・芸能・ニュース
今日は、1日中家におりました。
それで、白夜行を見た後、いつもなら「小早川伸木」を見ているんですが(笑)
今日は予告で気になっていた「ガチバカ」を見てみました。

小早川伸木はおもろいですよ~ww
奥さんがちょっとイっちゃってるんですけど。
あたしも自分に素直に正直に生きるとすれば、あんな女性のタイプだと思います。
だって、どこぞの棒で伸木さんが頭打った時、あの奥さんマジギレでその棒蹴りまくってましたからね。

このっ!この棒のせいで伸木が頭打っちゃったじゃないの!!
その姿を見て伸木さんはプロポーズしたっていう。



おいおいおい。



っで、話は戻りますが今日はガチバカを見てみました。
やっぱ学園モノはよいね~(*´∇`*)
ミッキーと花ちゃんのお話がまた可愛いくてお顔がニヤニヤしちゃいました。

これも余談なんですが、予告であたしはミッキーの発言を「デブデブ大好きだっ!」と
聞こえていたんですが、どうやら「全部全部大好きだっ!」だった模様。
なんだよ、ミッキーかつぜつわりぃよー。

っで、話はまた戻りますがガチバカを見ました。(分かりました)
高校生の恋って…とっても新鮮でとってもほがらかで素敵です(*´∇`*)
お互い好きなのに歩み寄れてない二人とか。
いいねぇ~♪

どうか高校生の若い皆様、SEXも大事ですが青春を大切にしてください。(切実)
大人になってもSEXは出来ます。
つーか、大人になるにつれてやる事と言ったらSEXしかなくなります。
今は、若い時にしか出来ない事を好きな人と一緒に素敵な時間を過ごしてください。

まだ将来が漠然とした時期こそ、精一杯二人で過ごすべきです。
とあたしは思います。

あたしはSEXが好きだけれども、恋人との思い出を振りかえった時に
Hしかしてねーや。」みたいな発言しか出来ていません。
それでも、その恋人を追い求めるあたしは…




SEXの相性?




しかないわけですね。
うむ、寂しい話ですな。
うむ、いかにも。

いやいやいや。
話がドビューンとずれましたが、皆さん青春は大事にしてください。
友達もいっぱい作っておくのですよ。
それも固い絆を作っておくのですよ。
深い10年の付き合いと、上辺だけの10年の付き合いとじゃ全然月とスッポンくらい違いますからね。

何度も言いますが、SEXなんて大人になってもアホ程できます。
極端に言うと、会ってヤってヤって会ってヤって会ってヤってヤって会ってご飯そしてヤっての
繰り返しのようなお付き合い。
それが大人の恋愛。(ウソ)

そんな恋愛をしないためにも、今の恋を大切に☆

テーマ=ドラマ感想 - ジャンル=テレビ・ラジオ

【2006/02/09 23:21】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






その後 | 日常
その後、彼とは連絡を取り合ったりしています。
あたしからは、たまにメールを入れてみたり。
彼からはもっぱら着信があったりします。

あたしが「片想いしておくね」と送ったメールには、「落ち着いたらご飯食べに行こう」と。
なんつーか、仕事を理由に交わされてるといった感じですかね。
脈ねーかもなと思ったあたしであります。
なので、メールを送っていなかったあたしなのですが、先日彼から着信がありました。
着信があったと言っても、喋ることは仕事の事ですけどね。

転勤先には○日から行くことになったよ、とか。
おまえは仕事どう?とか。

そう言えば8日から、彼は転勤先で働いてます。
かなり忙しくなるんだろうなぁ。
その店の制服は、女の子はホットパンツだったって喜んでました。

ケッ。

押してダメなら引いてみろかな。
難しい。

昨日駅前の大通りで彼が運転する車とすれ違いました。
すごいね。運命か?とか思っちゃった。
サングラスかけて運転してた彼を見てトキンとした。

どうせなら髪の毛もなくなって、やばいくらいに太ったりして、
どこからどう見ても魅力など感じない男になってくれたらいいのにさ。
あんな男逃がしたなんて、すごく後悔する。ってか後悔ならもうすでにしてるけど。

っで、隣で運転してたねーちゃんに「尾行して!」って頼んで彼の車を探したわけです。
自宅近所のパチ屋で彼の車発見。

パチンコか。
何が「落ち着いたら…」だよな?
落ち着いてんじゃねーか。
普通にパチンコ行ける時間あるじゃねーか。

なーんて思ったわけです。
でもまー、彼女じゃないしね。

押してだめなら引いてみろ。うん。これしかないな。

引いてるうちにあたしの中の恋心がすっぱりばっさり消えてくれたら言う事ない。

テーマ=恋の独り言(。-∀-)ハァ・・・ - ジャンル=恋愛

【2006/02/09 02:36】   トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑






長くなっちゃったw | 日常
まともにブログを更新するのは、なかなか久しぶりだったりもします。
あたしは何とか元気だったりもするんです。

あたしに、彼と別れるという最悪で最低な日が訪れてからは、もう、何がなんだか。
生きてるのかさえも分からない日々でした。
昼でも夜でも気がつけば彼のことを思っていて、彼との別れに嘆いていて。
ずっと涙が出てくるものですから、考えないように考えないようにとずっとテレビを見ていました。
仕事もしていなかったし、時間を持て余していて。
かと言って「さぁ仕事探すぞ!面接行くぞ!」なんて気力がどうしてもなかったです。
だから、昼間にも関わらずTUSTAYAに行ってDVDをレンタルしたり。
ひたすら画面を見てました。
おかげで、いつもならスルーする番組中のCMや、夕方の5分間のニュースでさえ真剣に見るように。

何も考えたくなかったんです。

夜は夜で、これまたもう、辛くて辛くて。
ベッドに入ると考える事と言えば、それは当たり前のように決まりきまっていて。
もう涙を流すことがしんどかったんですよね。
泣きたくないのに涙が出るんです。
音楽をかけても、全て彼との事を思い出してしまう曲ばかりで。
片想いの頃に聴いていた曲、付き合い出した頃に聴いていた曲。
それと、喧嘩の度に聴いていた曲。
耳を塞ぎ、静けさの中で眠ろうとしても、それはそれで結局考えてしまうのは彼の事ばかり。

もうね、どうなっていくんだろうって。

眠りたいのに、眠る直前が一番恐怖でした。
暗闇は、あたしの心の中まで支配しておりました。

だからこたつでテレビつけっぱなしのまま寝たり。
睡眠薬がわりに、友達に夜中配達させたビールを一気に飲んで寝ようとしたり。
大げさですけど、もはやおかしな程に辛すぎたのです。

でもね、このままじゃいけないって。
彼は「いつでも連絡してこいよ」と言ったけど、何も出来ない何もやらないまま連絡はできないと。
「仕事決まったら連絡する」と別れた時に約束したので、自分のためにも早く仕事探そうと決めて。

今は思うんです。
あのまま付き合っていても、お互いダメになっただろうなって。
綺麗ゴトじゃないんです。
あたしは心のどこかで、今の自分の状況を全て彼のせいにしてたんです。
あたしは仕事も友達もなくて辛い思いしてるのに、何であんた仕事あるの?って。
何であんた今でも友達がいて楽しそうにしてんの?って。
でもそれは違っていたんです。

友達とうまくいかなくなったのは、あたしと彼女の問題でした。
そこに彼は最初からいなかったんです。
でもあたしは、彼女を傷付けた罪を彼と半分半分にして気持ちを軽くしようとしていたんです。
仕事だって、自分に恥じることがなければ堂々と勤められたはず。
なのにあたしは怖くなって逃げる事を選んだんです。
自分がどう思われるかという事だけにこだわって、結局は自分から逃げる道を選んだんです。

なのにあたしは全て彼のせいにして、どこかで彼を妬んでいました。
そんなんじゃうまく行くはずがないです。
今思えば、彼は彼なりに、精一杯に伝えようとしてくれていた気がします。
でもあたしは、その事に気付く心の余裕がもうなかったんです。
「大丈夫だよ」と言う彼を、あたしは自らの言葉で拒みました。
彼は、あたしの言葉のその重みにもう耐えきれなくなったんです。

別れる時に言っていました。
「大人になれなくてごめん」と。
世の中に完璧な人などいないと分かっていたのに、あたしは彼にその完璧さを求めてしまっていました。

お互い行き詰まってしまったんです。
きっとそれは、あたしと彼との事が周囲にバレ始め、あたしが店を去る事になった頃から。
必ず心が離れて行くと不安でした。
その不安を消し去る事ができなくて、その不安に押しつぶされ…。
どこかで回避できたかも知れない”別れ”を現実のものにしてしまいました。

別れてから、失ってから気付く愚かな生き物ですね、人間というのは。

別れて数日経ってからのあたしが送ったメールに、彼は返信をくれました。
彼の店も1月末で閉店になったそうで。
彼は少し離れた店へ転勤になり、アルバイト達は散っていくそうです。
前から分かってはいたものの、いざ現実にそうなった事を聞いてあたしは少し安心したのです。
あたしが彼と出会って、彼との思い出が溢れるあの店はもうないんだと。
もうあの店に未練を残す必要がなくなるんだと。
寂しいより”安心”。この気持ちの方が大きかったんです。

あたしは今の店で頑張ると心に決めました。
寂しくて辛い時に見つかった場所。
テレビを見てなきゃ心が潰れそうになったのと同じように、仕事をしてなきゃ今でも潰れそうです。
でも、頑張ることに意味があるとやっと思えたんです。

数日後に彼から着信がありました。
「愛しい。恋しい。声が聴きたい。」と切に願っていたあたしの思いが少し通じたかのように。
「仕事どう?」と問いかける彼の声は、本当に本当にあたしにとって今一番求める愛しい声でした。
きっとこれからも求め続けるただ一人の愛しい声でしょう。

一人の男に恋狂った女のただの戯言でしょうか。
けれど、それでもいいのです。

「久しぶりにお前の声聴けて、なんかほっとした。」
「またいつでも電話ちょうだい。」
「おまえもいつでも電話やらメールやらして来いよ。」
「そんなん言ったらほんまにずっとずっとメールするで?」
「かまわんよ。」
「ガマンせーへんで?」
「ええよ。」

付き合っていた頃に、ずっと彼に甘えっぱなしだった自分を思い出しました。
そして、泣いたあたしの頭を撫でてくれた時の彼を。

そして思ったのです。
今忘れるわけにはいかないと。
まだパズルは完成していないと。

こんなにも愛しいのに。
こんなにも好きなのに。

今日、彼にメールを入れました。
「あなたを好きな気持ちは消えそうにないから、あたしはもう1回あなたに片想いするね。」と。
「転勤してまたいろいろと忙しくなって愛だの恋だの言ってる場合じゃなくなるだろうけど、
あたしの事はたまに思い出してくれたらそれでいいよ。」と。

どんな返信があるかは分からないです。
でも、片想いするのはあたしの自由ですからね。
ふられる権利もふる権利もありませんもの。

片想いしていた頃に、何が何でも絶対いつか手に入れてやると思っていた気持ちを思い出しました。
また今、何が何でももう一度手に入れてやると思ってます。

パズルが完成するその時は、きっと彼の隣にはもう一度あたしがいますように。

さっ、明日も仕事頑張るぞ~。

テーマ=がんばれ自分! - ジャンル=日記

【2006/02/04 04:25】   トラックバック(0) | コメント(4) | Top↑






元気です | テキスト系
気持ちが通じ合った日 体と体が一つになった日
こんなに幸せでいいのかと とても怖くなったのを覚えてる

この幸せを失いたくないと 私は頑なに意地になり
自分で創りあげてしまった1枚の大きな壁を
どうしても 取り壊すことができなかった

だから ずっとずっと 別れるその日まで
あの人は私にとって遠い人だった
手が届きそうで 絶対に手の届かない人

でもそれは確実に私が愛した人

行かないで その場所にずっと居て
心で繰り返しながら 遠ざけようとしていたのは
私の弱くて小さなこの心

”別れを怖いと思う汝の中に すでに別れは存在する”

ずっと暗闇の中で考えていた
忘れていく事だけが正しい選択ではないと

今 彼と離れて気付いた事があるとするならば
紛れもなくそれは 私の中に息づいている確かな想いだけ

今忘れるわけにはいかない
想い出にするわけにはいかない

受話器の向こうで 聞こえてくるその声は
確実に私だけの 私だけの いつもの甘く低い声
絶対になくさない 消さない
私の中にも 彼の中にも 二人はずっと存在しているから

今別れる運命だとしても きっと
もう一度 共に歩き出す運命だと
この別れに意味があるのなら それは
もう一度 共に歩き出すための試練

証拠のない確証だけが 今 私の揺るぎ無い自信

テーマ=別れ - ジャンル=恋愛

【2006/02/02 02:54】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






| Top |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。