VIP-STYLE
バツイチあやぽんの恋愛奮闘記& のほほん育児日記の他 カテゴリ満載のブログ♪ プクク(* ̄m ̄)



Top | RSS | Admin

スポンサーサイト | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】   | Top↑






| いろいろな思い
辛い夜にいつも聴いていた曲を今日久しぶりに聴いてみた
いつもの時間になると携帯を開くことはなくなった
彼から着信がきそうな日はだいたい分かったの
そんな予感がする時があった

やっぱり思い出す
聴かなければ良かった
出会わなければ良かった
抱かれなければ良かった
あの言葉言わなければ良かった
知らなければ良かった
泣いてすがれば良かった
発狂すれば良かった
傷付ければ良かった
抱きしめれば良かった
触れれば良かった

最後だったんなら
最後だったんなら

愛しいと言えば良かった
抱いてと言えば良かった
笑ってと言えば良かった
置いてかないでと言えば良かった


最後だったんなら
もう一度頭を撫でてと言えば良かった

この曲、聴かなければ良かった
【2006/03/31 03:34】   | Top↑






ありがとう。 | いろいろな思い
先程、シークレットでのコメントを頂いたのを発見したのでその方プラス、
皆さんへ当てる意味も込めてエントリーさせてもらいますね。

まず、ここ数日のブログにも書かせてもらってたんだけど、辛い日々の中でどう前向きに生きていこうと考えて悩んで泣いて、それで結論に至った結果が「自分の中で答えが出ていない」という事だったんですね。
あたしは、本当の願いはいつか必ず叶うと信じているの。
あたしの今の本当の願いと言うのが、彼とヨリを戻す事なのか彼を忘れて新しい恋に向かう事なのか、あたし自身でも分かっていないのね。
だからこそ、自分の中で本当に答えが出るまではそれを見つけるために頑張ってみようと思ったわけですね。

そうしないと絶対に後悔するから。

パズルみたいに、一つ一つピースを合わせていけばいつか必ず、自分の中で自分自身のパズルは完成すると思ったから。
それはヨリが戻る戻らないうんぬんではなくて、あたしの気持ちが晴れることを意味をするのね。

実際、今現在あたしはとても彼に会いたいけれど、かと言って今すぐヨリを戻したいのかと聞かれれば答えに戸惑うと思う。
それはね、あたしと彼が半年付き合ってきた結果で、きっとお互い分かっている事なのね。
でもあたしは別れた事実を受け止める事が出来た現在、イライラする必要性もなくなったし、逆に少し気が楽になった部分はある。
それもきっとお互い様だと思うのね。

彼の発言は当の本人であるあたしが聞いていても「何言ってんの?」と思った。
でも、自分の中で答えを見つけ出すまではその言葉を拒否する事は出来ないの。
「あんたナメてんの?」とはまだ言えないの。
自分自身が心の底から納得しないとスッキリしないものだから。

だから彼の気持ちがどうとかではなくて、自分の気持ちの答えを出したいのね。

別れた当初は、彼がいくら優しい言葉を言ってくれても「それでも手放すって事は”手放してもいい価値”しかないからでしょ。」って思ってたの。
けど今思えばそれは自分も一緒で、例え別れようと言われても本当に手放したくない相手なら泣いて「イヤだ」と言えたはずなんだよね。
例え言ってもムダだったとしてもね。
でもあたしは言わなかった。
結局、自分自身でももう疲れてきてたの。彼と付き合っていく事がしんどかったの。
彼も同じで、それで別れを二人で決めたわけなんだけど。

そして別れて少し落ち着いてきてから思った。
「付き合っていく事だけが全てではないんだな。」って。あたし達二人の場合はね。
付き合っていた頃に分かり合えなかった事が、別れてから理解できるようになった事もあるし。
別れてからじゃないと気付けなかったって事実はとても寂しいけど、あたし達は別れたからこそ近づく事が出来たの。

きっと誰もがそうだと思うけど、二人の事は二人の過去があるからこそ見えてくるものだと思った。
ブログでは全て書けない想いや葛藤や、本当は彼の涙もあったの。

でもね、はっきりと意見を伝えてくれた事、すごく嬉しく思ってます。
あたしの事を心配してくれた上での意見だとも思ってる。
嫌いになるとかそんな次元の低い人間ではないからね(*´∇`*)

きっとあたしが第三者としてこのブログを読んでても、コメントくださった方と同じ意見を述べると思う。
でもやっぱり自分で納得しないと、本当の心の解放は訪れないと今回の事で思えたから。

あたしはとっても冷静だよ。
やっと冷静になれるようになってきたの。
そして冷静だからこそ、今自分からは距離を置いてます。
でも好きな気持ちは消えないから、自分の中で答えが出るまではゆっくり進んでいこうと思ってるよ。

そうしてるうちに、二人がいい意味で向上できてまた一緒に歩き出せる日がくるかも知れないし。
もしかしたら「もーどーでもいいかもぉ♪」と思える日がくるかも知れないし。
その答えを見つけたいと思ってるの。自分の中の本当の答えを自分自身で見つけるために。

うまく気持ちを表現できなくてごめんなさい。
分かってもらえると嬉しいんだけど(〃∇〃)

本当にありがとうね。
もしまたこのブログを読む事があれば、今度はオープンでコメント書いてくれたら嬉しいんだけどな♪
【2006/02/13 06:20】   トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑






着信 | いろいろな思い
4日ぶりに彼から着信があった。
あたしからは連絡とらないようにしようって決めてたんだ。

すごくすごく仕事でイヤな事があった彼は、
誰かに聞いて欲しくて、ふと綾子が浮かんだ
と言ってた。

ふと私が浮かんだらしい。

とりあえずグチをアホ程聞いてみた。
あまりにもすごい彼の怒りっぷりに途中吹き出してしまった。
あ~いつもの彼だなぁと思ったらムショウに笑えてきた。

あたしは付き合ってる頃とあまり変わりない励ましっぷりだったけどね。
でもあの頃よりは素直にちゃんと言葉に出来たなぁ。
なんか、言葉を吐き出す前に考える数秒を必要とせずに発言できた事が我ながら進歩だと思った。

とにかくすげぇお怒りだった。(*∇)アハハ
でもなんかね、メラメラ怒ってる彼がなんつーか彼らしいなと思った。

でも本当の本当は昨日彼に電話しようと思ってたんだ。
バレンタインにどうしてもチョコを渡したかったから、その都合を聞きたくて。
でもやっぱ電話は出来なかった。
彼からの連絡を待つしか出来ない非力な弱虫人間だということを再認識。

今日の電話でも、言いたい事聞きたい事をなかなか切り出せなかったし。
好きすぎてこんなにも遠く感じるのなら、好きな気持ちを半減させて彼を近くに感じたいよ。

なんていろいろ思いながら彼に切り出してみた。

結果、14日に彼が仕事終わってから会う事になった♪
しかも「市販のチョコは義理チョコって事やろ?義理チョコならいらん」なんて言う。

別れた女に手作りの本命チョコもらってどうするんすか?

14日は彼は遅番なので終わってから会う事になったの。
10分程でいいからね。10分程を強調したら、

え?10分?10分だけ???

なんて言う。
客観的に見たら別れた女に期待させるような事言うんじゃねーよってトコロ。

でも今はそれをプラスに受け取るしかない。

本当は、ポストに入れておくからね。と言ったんだけどね。
そんな中学生の片想いじゃあるまいし。とか言うのよ。

あら、会ってくれるのね?ありがとう(*´∇`*) みたいなね。

とりあえず会える事になって良かった。
何よりも会える事が嬉しい。素直にそう思う。

無論10分で帰ってくる気は毛頭ないし。

さっ、明日チョコの材料でも買いにいこーっと。
【2006/02/12 05:18】   トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑






無題 | いろいろな思い
3ヶ月間の片想いと、恋人同士になってからの半年間。
言葉や文字に表すと、それは悲しい程短いもので。
でも、とってもとっても中身の詰まった、嬉しくもあり辛くもあった数ヶ月。

好きすぎて壊れそうで喧嘩ばっかりだった。
嫌いになれたら楽になれるのにと、何回思ったんだろう。
でも、その経験もいつかきっと私にとってプラスになると。
絶対にマイナスばかりじゃなかったと。
出会いに意味があって、そして別れにも意味があったと。

少しずつでも、いつかそう思えるように。
自分を信じられるように。

元気に電話を切りました。
いつものように「おやすみ」と告げて。

「おまえは独りじゃないよ。何かあってもなくてもいつでも連絡してこいよ。」

電話を切った後、涙ってこんなに出るの?って程に泣いた。
泣きながら、彼からもらった大切なネックレスを箱にしまって。
写真をその箱の下にしまった。

別れは覚悟していたんだ、きっと。
ただ、自分からは切り出せなかったから。

でも最後に言えて良かった。
「あたしみたいなイイ女はこの先なかなかおらんやろうけどね♪」
「俺みたいなええ男もおらんと思うで♪」

これからは別々の道です。
でも、二人で決めたこと。

本当に本当に好きだった。
好きすぎて辛かった。

いつか乗り越えられるように。
いつか心の底から笑えるように。
強くなりたいと思っています。

応援してくださった皆さん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

テーマ=あなたへの想い - ジャンル=恋愛

【2006/01/26 23:31】   トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑






年の終わり | いろいろな思い
今まで塗れなかった色のマニキュアを塗りながら、
「そうか辞めたんだよな」とふとタメイキをついてしまった。
考えないようにしようと、いつものごとくひたすら掃除をした。
何をするにも時間がありすぎて、その余裕がふとタメイキの原因になる。

こないだ久しぶりに湯船にお湯をためて、今まで疲れきっていた身体を温めた。
その日の夜中、仕事が終わった彼が電話をくれた。
あたしが自分自身で認めようとしない心の奥の隙間を分かっているかのように
大丈夫か?ちゃんと外に出てるか?」と聞いた。
あたしがいつもいつも望んでいる、今一番欲しかったその声で彼はあたしを慰める。
1日に一回は絶対連絡とろうな、メールだけの日があっても連絡はとろうな、と彼が言った。
細い糸だと思ってるから?のあたしの問いかけに、違うよ、俺が不安やからと言った。

でも本当はあたしが今不安で不安で仕方ないのを彼は分かってる。
ずっと不安がるばっかりのあたしを知ってるから。
寂しいとグチりたいあたしを分かってるから。

この電話も、あたしは本当は分かってる。
仕事の話しは一切せずに違う話題で笑わせようとしてくれた事も。
ちゃんと分かってるんだよ。
元気そうで良かったと言いながら、おまえが壊れてしまう前に何とか会いたいよと言ってくれた事も。

何のために今までやってきたのかと考えてしまう時が正直あるけれど、これで良かったんだと思える日がくることと、
そしてそう思える日はもう目の前に近づいていることを、この日彼と話していて悟った。
彼を好きすぎて壊れそうな数ヶ月だったのに、じつは壊そうとしていたのは自分自身だったことも分かった。
そして、そんな自分を治してくれるのは紛れもなく彼だった。
何を頑なになっていたんだろう。
あたしは彼がいれば自分らしくいられるのに。

好きよ、アキちゃん。
来年も再来年もずっとずっと一緒に居たい。

テーマ=いま思うこと - ジャンル=日記

【2005/12/31 16:34】   トラックバック(0) | コメント(3) | Top↑






Back | Top | Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。